あたたかな愛情が。

美味しい新鮮なお野菜を愛情込めて育てている生産者さんたちの裏側をご紹介。

どんな想いで育てているのか、農業の楽しさはなんなのか。

知って、食べて、風景といっしょに味わおう。

  • なす農家の高橋さん
  • にら農家の西本さん
  • みょうが農家の橋本さん

なす農家の高橋さん

なす農家の高橋さん
作業の様子

 安芸市でなす農家を営む高橋さん。昭和43年高知の生まれで、農業歴は23年になり、現在は両親とともに3人でなすを育てています。ハウスの広さは22a(約2反)ほど。小高い丘の上にあるハウスからは、外に出るとすぐに太平洋が望めます。なす栽培は、日々カビや害虫との戦いです。艶、形、サイズで商品価値がきまり、くすみのあるものは、収穫の時期に取り除かれます。大変な作業ではありますが、やったぶん自分に返ってくる、ということがやりがいだそう。
なすの収穫時期は9月から6月と長く、その間ずっと収穫を続けます。途中で、切り返し、という作業を行い、新たにきれいな芽をつけ、何度も収穫できるようにしています。とても手間のかかる作業で、それぞれの農家が自分たちのやり方でやっている、とのことです。
 そんな高橋さんになすの食べ方について伺うと、なすのたたきや、素揚げしたなすに、にんにく、生姜、酢、砂糖、醤油、みりん、お好みの薬味を混ぜた中華風のたれをかけていただく、揚げなすの中華風たれがけ、などの食べ方がオススメ、とのことです。皆さんぜひ試してみてください。

作業の様子
作業の様子

にら農家の西本さん

にら農家の西本さん
作業の様子

 にら農家を始めて20年、という西本さんにお話を伺いました。香南市で息子さん、高瀬夫妻と共ににらの栽培をしている西本さん。にらを作り始める以前は、さつま芋を栽培していたそうで、香南市では、半世紀ほど前に野市からにらを持ち込んで以来、にらの栽培が盛んになったんだそう。
 にらの栽培は10月から始まります。冬場は温度管理をしながらハウスで育て、夏場はハウスの屋根を開けて半露地で栽培しています。自動冠水だけでなく、ハウスを開けて雨も入れるようにしているそうです。およそ一ヶ月で収穫できるようになり、その間、栄養を取られてしまわないよう草取りをしたり、消毒をこまめに行い虫の駆除をしたりと、おいしいにらを作るため作業を続けます。
 にら農家には決まった休みはなく、大変ではありますが、自分で作った日が休みになる、という良さもあります。みんなのいいところを出し合い、切磋琢磨しながら仕事を続けているそうです。
 そんな西本さんにオススメのにら料理を伺うと、にらとんやもつ鍋にしたり、塩焼きそばに入れて食べてもおいしい、とのこと。ぜひ試してみてください。

作業の様子
作業の様子

みょうが農家の橋本さん

みょうが農家の橋本さん
作業の様子

 四万十町興津海岸は、白砂青松の渚として有名です。水質も良く、遠浅であるため、夏はキャンプや海水浴を目的とした人々で賑わいます。そんな興津海岸をすぐそばに望むビニールハウスで、みょうが農家をされている橋本さん。実家を継いで農家をはじめてから、今年で17年目になるそうです。近くの同年代の農家仲間2人と、和気藹々とみょうがを栽培しています。そんな仲の良い3人組からお話を伺いました。
 みょうがは10月に植えて、5月に収穫します。一年を通じて仕事はありますが、特に忙しいのは5月、6月の収穫時期だそう。朝に収穫して、昼からは詰める作業。一度とっても、4~5日するとまた生えてくるので、何度もそれを繰り返します。
 みょうがは色が命。味や香りではなく、紅色の発色度合いによって、A,B,Cの等級が決まります。病気で一気にやられることもあるので、土作りには気を配っています。自然災害とも戦いながら、日々経験を積み、試行錯誤して頑張っているそうです。
 そんな橋本さんたちオススメのみょうが料理は、『みょうがとウインナーの卵とじ』、『ピーマンとみょうがの天ぷら』、みょうが、きゅうり、ツナ缶、マヨネーズを和えた、『ツナとみょうがのサラダ』、キャベツの代わりにみょうがを使った、『みょうがのお好み焼き』など、様々。ぜひ一度おためしあれ!

作業の様子
作業の様子

お野菜レシピ

野菜主役の
おいしい料理を
お試しあれ。

生産者の声

たっぷりの愛情、
日々の思いを
知ってほしい。

豆知識

あんなこんな、
知らなかった
野菜のいろいろ。

生産地情報

それぞれの野菜が
育った地域を
ご紹介します。